m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ボスチニブが多発性嚢胞腎の腎腫大抑制

2017年10月10日  ソース:J Am Soc Nephrol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患その他

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)患者169例を対象に、ボスチニブの効果および安全性を第2相試験で検証。1年当たり腎腫大の発生率は、プラセボ群に比べボスチニブ200mg群で66%(P=0.01)、...

文献:Tesar V et al. Bosutinib versus Placebo for Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease. J Am Soc Nephrol. 2017 Aug 24. pii: ASN.2016111232. doi: 10.1681/ASN.2016111232. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。