m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

RYGB後吻合部潰瘍穿孔、発生稀だが再発多

2017年10月11日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

ルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受けた患者3万5080例を対象に、術後の吻合部潰瘍穿孔(pMU)の発生率および臨床経過を検証。pMUの発生率は0.83%と低かった(平均937日後)。pMUに対する吻...

文献: Altieri MS et al. The natural history of perforated marginal ulcers after gastric bypass surgery. Surg Endosc. 2017 Aug 25. doi: 10.1007/s00464-017-5794-4. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。