m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

気道ムチン濃度が慢性気管支炎のマーカーが有望

2017年10月16日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患

SPIROMICS試験に登録された917例をCOPD関連の患者背景の違いで層別化し、気道ムチン濃度と慢性気管支炎の関連を検証。喀痰中の平均総ムチン濃度は、現在または過去の喫煙歴を有する重度のCOPD患...

文献:Kesimer M et al. Airway Mucin Concentration as a Marker of Chronic Bronchitis. N Engl J Med. 2017 Sep 7;377(10):911-922. doi: 10.1056/NEJMoa1701632.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。