m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

Rucaparibが再発卵巣癌のPFSを大幅延長

2017年10月16日  ソース:Lancet  カテゴリ: 産婦人科疾患

白金製剤奏効後の再発卵巣癌患者564例を対象に、PARP阻害薬rucaparibの効果を無作為化プラセボ対照第3相試験で検討(ARIEL3試験)。主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)中央値は、ITT...

文献:Coleman RL et al. Rucaparib maintenance treatment for recurrent ovarian carcinoma after response to platinum therapy (ARIEL3): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet. 2017 Sep 12. pii: S0140-6736(17)32440-6. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32440-6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。