m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

間隔縮めて献血量増?! 英国人で確認

2017年10月17日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

英国の全血献血者4万5042例を対象に、献血間隔基準の短縮による影響を無作為化試験で検証(INTERVAL試験)。2年間の1人あたり平均献血量は、男性では献血間隔12週(基準)群に比べ8週群で1.69...

文献:Di Angelantonio E et al. Efficiency and safety of varying the frequency of whole blood donation (INTERVAL): a randomised trial of 45000 donors. Lancet. 2017 Sep 20. pii: S0140-6736(17)31928-1. doi: 10.1016/S0140-6736(17)31928-1. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。