m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

内科と咽喉科で処方にダブり?咽頭障害

2017年10月30日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患

米国で、一般内科医(GMP)受診後に耳鼻咽喉科医を受診した喉頭および音声障害患者1万2475例を対象に、診断と治療の変化を後ろ向きコホート分析で検証。耳鼻科医受診後には、声帯麻痺や慢性咽頭炎などの診断...

文献:Cohen SM et al. Pharmacologic management of voice disorders by general medicine providers and otolaryngologists. Laryngoscope. 2017 Sep 25. doi: 10.1002/lary.26875. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。