m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アフリカの出血熱、流行予測のフレーム開発

2017年10月31日  ソース:Lancet  カテゴリ: 感染症

アフリカの4種のウイルス性出血熱(クリミア・コンゴ出血熱、エボラウイルス病、ラッサ熱、マールブルグ病)の大流行を予測する、新たな統合フレームワークが開発された。初発患者の発生、局地的流行、地域および国...

文献:Pigott DM et al. Local, national, and regional viral haemorrhagic fever pandemic potential in Africa: a multistage analysis. Lancet. 2017 Oct 11. pii: S0140-6736(17)32092-5. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32092-5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。