m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

有水晶体眼内レンズでECDは直線的に低下する

2017年11月1日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

近視および乱視の治療を目的とした2種類の硬質虹彩支持型有水晶体眼内レンズを挿入した60眼において、挿入後の角膜内皮細胞密度(ECD)の長期的変化を前向きコホート研究により検証した。術後6カ月時から10...

文献:Jonker SMR et al. Long-Term Endothelial Cell Loss in Patients with Artisan Myopia and Artisan Toric Phakic Intraocular Lenses: 5- and 10-Year Results. Ophthalmology. 2017 Sep 18. pii: S0161-6420(17)31290-3. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.08.011. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。