m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ヘルニア修復術はリヒテンよりTEPかTAPP

2017年11月2日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

初回片側鼠径ヘルニア修復術施行患者5万7906例を対象に、リヒテンシュタイン法、腹膜外到達法(TEP)、腹膜内到達法(TAPP)での術後転帰を比較。傾向スコアマッチング法を用いて比較した結果、TEP群...

文献:Köckerling F et al. Lichtenstein Versus Total Extraperitoneal Patch Plasty Versus Transabdominal Patch Plasty Technique for Primary Unilateral Inguinal Hernia Repair: A Registry-based, Propensity Score-matched Comparison of 57,906 Patients. Ann Surg. 2017 Sep 26. doi: 10.1097/SLA.0000000000002541. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。