m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

術後ワルファリンの安全性が遺伝子型考慮で向上

2017年11月6日  ソース:JAMA  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患整形外科疾患

待機的人工股関節または膝関節置換術施行の高齢患者1597例を対象に、遺伝子型に基づくワルファリン開始用量決定による安全性改善効果を無作為化試験で検証(GIFT試験)。主要複合評価項目(大出血、国際標準...

文献:Gage BF et al. Effect of Genotype-Guided Warfarin Dosing on Clinical Events and Anticoagulation Control Among Patients Undergoing Hip or Knee Arthroplasty: The GIFT Randomized Clinical Trial. JAMA. 2017 Sep 26;318(12):1115-1124. doi: 10.1001/jama.2017.11469.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。