m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胆嚢摘出術後の要介入損傷、7割が手術時に判明

2017年11月8日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

米国で2011-14年に胆嚢摘出術が施行された患者31万9184例を対象に、胆管損傷などの合併症発生率を検証。術後に外科的介入を要する胆管損傷発症率は0.23%で、この72.9%が手術時に、13.8%...

文献:Barrett M et al. Bile duct injury and morbidity following cholecystectomy: a need for improvement. Surg Endosc. 2017 Sep 15. doi: 10.1007/s00464-017-5847-8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。