m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

脳卒中発症後の血栓除去で自立度向上

2017年12月13日  ソース:NEJM  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患

急性脳梗塞発症後6-24時間で臨床症状と梗塞体積との間に不一致が見られる患者206例を対象に、血管内血栓除去術の有効性を評価(DAWN試験)。術後90日の時点で、結果の効用を重み付けした修正ランキンス...

文献:Nogueira RG et al. Thrombectomy 6 to 24 Hours after Stroke with a Mismatch between Deficit and Infarct. N Engl J Med. 2017 Nov 11. doi: 10.1056/NEJMoa1706442. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。