m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

中年期の機能障害、20年後への影響は?

2017年12月18日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患整形外科疾患

50-56歳の6874例を対象に、中年期の機能障害および機能低下の臨床経過をコホート研究で最長20年間追跡して調査。その結果、対象者の22%で日常生活動作(ADL)の障害が発現した。障害発現して2年後...

文献:Brown RT et al. Functional Impairment and Decline in Middle Age: A Cohort Study. Ann Intern Med. 2017 Dec 5;167(11):761-768. doi: 10.7326/M17-0496. Epub 2017 Oct 31.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。