m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

PADへのGM-CSF投与で歩行距離改善せず

2017年12月19日  ソース:JAMA  カテゴリ: 循環器疾患

下肢の末梢動脈疾患(PAD)患者210例を対象に、GM-CSF投与とトレッドミル運動の歩行能改善効果を無作為化2×2要因デザイン試験で検討した。その結果、主要評価項目の12週時6分間歩行距離は、運動+...

文献:McDermott MM et al. Effect of Granulocyte-Macrophage Colony-Stimulating Factor With or Without Supervised Exercise on Walking Performance in Patients With Peripheral Artery Disease: The PROPEL Randomized Clinical Trial. JAMA. 2017 Dec 5;318(21):2089-2098. doi: 10.1001/jama.2017.17437.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。