m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

マイクロRNAの胎児期治療が横隔膜ヘルニア抑制か

2017年12月21日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患その他

ニトロフェン誘発の先天性横隔膜ヘルニア(CDH)および肺低形成のラットモデルで、胎児期にマイクロRNAのmiR-200bに介入する治療の有効性を評価。筆者らは事前に、miR-200b高値のCDH患児で...

文献:Khoshgoo N et al. Prenatal microRNA miR-200b Therapy Improves Nitrofen-induced Pulmonary Hypoplasia Associated With Congenital Diaphragmatic Hernia. Ann Surg. 2017 Nov 13. doi: 10.1097/SLA.0000000000002595. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。