m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

花粉症に新エビデンス、皮下免疫療法で

2017年12月27日  ソース:Allergy  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

花粉症患者56例を対象に、脱色重合したオオアワガエリ花粉抽出物による皮下アレルゲン免疫療法の有効性と安全性を、無作為化二重盲検比較試験で評価した。その結果、主要評価項目の花粉飛散期における複合症状薬物...

文献:Rondón C et al. Specific immunotherapy in local allergic rhinitis: A randomized, double-blind placebo-controlled trial with Phleum pratense subcutaneous allergen immunotherapy. Allergy. 2017 Nov 23. doi: 10.1111/all.13350. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。