m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アトピーの有病率、小児期から成人で変化なし

2017年12月27日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患皮膚疾患

アトピー性皮膚炎の有病率は成長とともに変化をするのかを、縦断研究7件(対象1万3515例)のシステマティックレビューとメタ解析で検証した。有病率は生後3カ月から26歳までの間に3-6回評価した。その結...

文献:Abuabara K et al. The prevalence of atopic dermatitis beyond childhood: A systematic review and meta-analysis of longitudinal studies. Allergy. 2017 Sep 27. doi: 10.1111/all.13320. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。