m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鼻炎で小児喘息リスク4倍に

2017年12月29日  ソース:Allergy  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

フィンランドで生後6カ月までに細気管支炎で入院した小児の長期転帰を研究。11-13歳の138例を追跡した結果、医師が診断した喘息の有病率は13%で一般集団の約2倍だった。独立した危険因子は、幼少期にお...

文献:Törmänen S et al. Risk factors for asthma after infant bronchiolitis. Allergy. 2017 Nov 4. doi: 10.1111/all.13347. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。