m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アフリカ系米国人の耳鳴有病率29.5%

2018年1月12日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患

米ジャクソン心臓研究(JHS)はアフリカ系米国人1314例を対象に、耳鳴の有病率と危険因子を前向きコホート研究で検証した。その結果、有病率は29.5%と高かった。また、高血圧(β=1.344、95%C...

文献:House L et al. Tinnitus and its risk factors in african americans: The Jackson Heart Study. Laryngoscope. 2017 Nov 29. doi: 10.1002/lary.26964. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。