m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

食道癌嚥下障害の姑息的治療には放射線単独療法を(2018/1/22訂正)

2018年1月19日  ソース:Lancet  カテゴリ: 消化器疾患

進行性または転移性の食道癌患者219例を対象に、化学放射線療法の悪性嚥下障害の一時的緩和効果を、無作為化比較試験で検証した(TROG03.01試験)。その結果、9週時のMellow尺度スコア1点以上の...

文献:Penniment MG et al. Palliative chemoradiotherapy versus radiotherapy alone for dysphagia in advanced oesophageal cancer: a multicentre randomised controlled trial (TROG 03.01) Lancet Gastroenterol Hepatol. 2017 Dec 13. pii: S2468-1253(17)30363-1. doi: 10.1016/S2468-1253(17)30363-1. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。