m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

耳閉感ある顎関節症の診断にMRI有効

2018年1月23日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患その他

耳科的原因がみられない耳閉感患者34例42耳を対象に、原因と考えられる顎関節症の病理エビデンスがMRIで得られるかを後ろ向き解析で検証した。その結果、MRIによる解剖学的異常の検出率は80.9%で、顎...

文献:Lee SY et al. Clinical implications of magnetic resonance imaging in temporomandibular disorders patients presenting ear fullness. Laryngoscope. 2017 Dec 14. doi: 10.1002/lary.27043. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。