m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

未熟児網膜症の重症度は硝子体手術後緑内障の危険因子

2018年1月24日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 小児科疾患眼科疾患

進行した未熟児網膜症で、水晶体温存硝子体手術を受けた270例401眼を対象に、術後の緑内障発症率と危険因子を後ろ向き症例集積研究で検討した。その結果、未熟児網膜症重症度別の緑内障発症率はステージ4Aで...

文献:Nudleman E et al. Glaucoma after Lens-Sparing Vitrectomy for Advanced Retinopathy of Prematurity.v Ophthalmology. 2017 Dec 11. pii: S0161-6420(17)31089-8. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.11.009. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。