m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

運動介入の認知症予防効果はエビデンス不十分

2018年1月26日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

認知機能障害のない成人に対する運動介入が、認知機能の低下や認知機能障害、アルツハイマー型認知症を予防するかどうかを、16試験のシステマティックレビューで検証した。その結果、有酸素運動、レジスタンストレ...

文献:Brasure M et al. Physical Activity Interventions in Preventing Cognitive Decline and Alzheimer-Type Dementia: A Systematic Review. Ann Intern Med. 2018 Jan 2;168(1):30-38. doi: 10.7326/M17-1528. Epub 2017 Dec 19.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。