m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新規クラス降圧薬の上乗せでSBP改善、SPRINT

2018年2月8日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

収縮期血圧(SBP)への介入研究であるSPRINTに登録された高血圧患者9092例を対象に、現レジメンへの新規クラス降圧薬の上乗せ効果を操作変数解析で検証した。対象は、糖尿病や脳卒中の既往はなかったが...

文献:Markovitz AA et al. Incremental effects of antihypertensive drugs: instrumental variable analysis. BMJ. 2017 Dec 22;359:j5542. doi: 10.1136/bmj.j5542.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。