m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障性視神経障害、過度の夜間血圧低下が危険因子

2018年2月9日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 循環器疾患眼科疾患

40歳以上のヒスパニック系男女93例185眼を対象に、緑内障性視神経障害と夜間血圧パラメータの関連を横断研究で検証した。その結果、緑内障性視神経萎縮患者群では非患者群と比べて夜間DBP(拡張期血圧)が...

文献:Melgarejo JD et al. Glaucomatous Optic Neuropathy Associated with Nocturnal Dip in Blood Pressure: Findings from the Maracaibo Aging Study. Ophthalmology. 2018 Jan 5. pii: S0161-6420(17)32453-3. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.11.029. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。