m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

蜂毒アレルギーの予測にIgEとIgG4が有用

2018年2月9日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患皮膚疾患救急

蜂毒への無症候性感作者77例、急性全身アレルギー反応患者85例、蜂毒免疫療法(VIT)患者61例を対象に、蜂毒耐性を予測する血清マーカーを好塩基球活性化試験(BAT)により探した。その結果、蜂毒免疫療...

文献:Arzt L et al. Immunological differences between insect venom-allergic patients with and without immunotherapy and asymptomatically sensitized subjects. Allergy. 2017 Nov 23. doi: 10.1111/all.13368. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。