m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

超早産児のICS、神経発達障害増やさず

2018年2月15日  ソース:NEJM  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患産婦人科疾患

超早産児629例を対象に、気管支肺異形成症予防を目的とした吸入ステロイド薬(ICS)投与が神経発達に及ぼす長期的影響を検証した。試験薬はブデソニドだった。修正月齢18-22カ月時の脳性麻痺、認知遅延な...

文献:Bassler D et al. Long-Term Effects of Inhaled Budesonide for Bronchopulmonary Dysplasia. N Engl J Med. 2018 Jan 11;378(2):148-157. doi: 10.1056/NEJMoa1708831.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。