m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

急性胆嚢炎での胆嚢摘出、英国では少ない

2018年2月15日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患その他

米国と英国の全国行政記録データを用いて、急性胆嚢炎の治療パターンを観察研究で比較検討した。その結果、急性胆嚢炎に対する緊急胆嚢摘出術の実施率は米国52.7%、英国15.7%だった。腹腔鏡手術は米国が8...

文献:Murray AC et al. An observational study of the timing of surgery, use of laparoscopy and outcomes for acute cholecystitis in the USA and UK. Surg Endosc. 2018 Jan 8. doi: 10.1007/s00464-017-6016-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。