m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸内視鏡検査後に急性憩室炎発症

2018年2月21日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患その他

大腸内視鏡検査23万6377例のデータを基に、急性憩室炎の発生状況を後ろ向きコホート研究で検討した。その結果、検査後、68例(0.029%)が憩室炎を発症し、30例(44%)が入院していた。34例(5...

文献:Gorgun E et al. Colonoscopy-induced acute diverticulitis: myth or reality? Surg Endosc. 2018 Jan 17. doi: 10.1007/s00464-018-6049-8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。