m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠第1期の抗甲状腺薬、産児の先天性奇形と関連

2018年2月23日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 産婦人科疾患投薬に関わる問題

韓国の出産データ288万6970件を対象に、妊娠第1期の抗甲状腺薬投与と出生児の先天性奇形の関連を全国コホート研究で検討した。その結果、先天性奇形の有病率は曝露群で7.27%、非曝露群で5.94%だっ...

文献:Seo GH et al. Antithyroid Drugs and Congenital Malformations: A Nationwide Korean Cohort Study. Ann Intern Med. 2018 Jan 23. doi: 10.7326/M17-1398. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。