m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸ポリープ切除後遅発性出血、危険因子特定

2018年2月27日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患その他

韓国の内視鏡的大腸ポリープ切除8175件(患者3887例)を対象に、術後の遅発性出血の発生率と危険因子を前向き研究で検討した。133例(3.4%)に遅発性出血が発生し、そのうち43例(1.1%)が大出...

文献:Park SK et al. Prospective analysis of delayed colorectal post-polypectomy bleeding Surg Endosc. 2018 Jan 17. doi: 10.1007/s00464-018-6048-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。