m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸前癌病変の高度内視鏡手術は有用

2018年3月1日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患その他

北米で、従来の内視鏡技術で切除不能と判断された大腸の前癌病変を有する患者110例に高度内視鏡手術を実施。後ろ向きレビューで転帰を評価した。その結果、内視鏡的切除成功率は88.2%(97例)で、69例が...

文献:Gorgun E et al. Experience in colon sparing surgery in North America: advanced endoscopic approaches for complex colorectal lesions. Surg Endosc. 2018 Jan 23. doi: 10.1007/s00464-018-6026-2. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。