m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

術前の重度障害は手術による改善が困難

2018年3月2日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 一般外科疾患

初めて大手術を受けた高齢者250例を対象に、手術前後の機能障害の経過(functionaltrajectory)を前向きコホート研究で検討した。術前の障害度は、障害なし60例、軽度84例、中等度73例...

文献:Stabenau HF et al. Functional Trajectories Before and After Major Surgery in Older Adults. Ann Surg. 2018 Jan 19. doi: 10.1097/SLA.0000000000002659. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。