m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

GCIPLとRNFL菲薄化で緑内障発症を予測可能か

2018年3月20日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

原発性開放隅角緑内障患者136例(231眼)を対象に、黄斑部の神経節細胞-内網状層(GCIPL)および乳頭周囲網膜神経線維層(RNFL)の菲薄化の進行と視野障害の関係を前向き試験で検討した。その結果、...

文献:Hou HW et al. Integrating Macular Ganglion Cell Inner Plexiform Layer and Parapapillary Retinal Nerve Fiber Layer Measurements to Detect Glaucoma Progression. Ophthalmology. 2018 Feb 9. pii: S0161-6420(17)32732-X. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.12.027. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。