m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

牧草使った花粉症免疫療法で好結果

2018年3月22日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患眼科疾患耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

季節性の草花粉症患者61例を対象に、牧草の一種ホソムギ(Loliumperenne)のペプチド(LPP)を用いた短期免疫療法の安全性および有効性を6週間用量漸増試験で検討。被験者にLPPの2回皮下投与...

文献:Mosges R et al. Lolium perenne peptide immunotherapy is well tolerated and elicits a protective B-cell response in seasonal allergic rhinitis patients. Allergy. 2018 Jan 10. doi: 10.1111/all.13392. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。