m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中のビタミンD不足で児の脊柱後弯症リスク増加か

2018年4月11日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患産婦人科疾患

周産期のビタミンD摂取量が児の脊柱後弯症に及ぼす影響をブタモデルを用いて検討した。その結果、実験動物は対照動物に比べて全評価時点で矢状面の後弯の角度(コブ角)が有意に大きかった。線形混合モデル分析で、...

文献:Halanski MA et al. Maternal Diets Deficient in Vitamin D Increase the Risk of Kyphosis in Offspring: A Novel Kyphotic Porcine Model. J Bone Joint Surg Am. 2018 Mar 7;100(5):406-415. doi: 10.2106/JBJS.17.00182.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。