m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

切迫性尿失禁への仙骨神経刺激とボツリヌス、効果同等

2018年4月12日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 神経内科疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

切迫性尿失禁の女性患者386例を対象に、仙骨神経刺激療法とA型ボツリヌス毒素療法の治療効果を非盲検無作為化試験で比較した。その結果、24カ月間の1日平均失禁回数の減少に群間差は見られなかった(仙骨神経...

文献:Amundsen CL et al. Two-Year Outcomes of Sacral Neuromodulation Versus OnabotulinumtoxinA for Refractory Urgency Urinary Incontinence: A Randomized Trial. Eur Urol. 2018 Feb 23. pii: S0302-2838(18)30118-0. doi: 10.1016/j.eururo.2018.02.011. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。