m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

先天性十二指腸閉鎖症の腹腔鏡術、手術時間長いが合併症少ない

2018年4月17日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患小児科疾患一般外科疾患その他

ドイツで乳児および小児の先天性十二指腸閉鎖症患者47例を対象に、腹腔鏡下修復術(27例)と開腹修復術(20例)の術後転帰を後ろ向き解析で比較した。その結果、腹腔鏡手術は開腹術に比べて手術時間が長かった...

文献:Gfroerer S et al. Laparoscopic versus open surgery for the repair of congenital duodenal obstructions in infants and children. Surg Endosc. 2018 Feb 26. doi: 10.1007/s00464-018-6130-3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。