m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

抗菌薬で肥満外科手術の効果が減弱か

2018年4月19日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

食餌性肥満マウスに垂直スリーブ状胃切除術(VSG)を施行し、術後1-4日の抗菌薬曝露が術後転帰に及ぼす影響を調査した。その結果、抗菌薬曝露によって腸内細菌叢のα多様性が持続的に低下することが確認された...

文献:Jahansouz C et al. Antibiotic-induced Disruption of Intestinal Microbiota Contributes to Failure of Vertical Sleeve Gastrectomy. Ann Surg. 2018 Mar 8. doi: 10.1097/SLA.0000000000002729. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。