m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

前立腺癌の監視療法、患者の選択を左右する因子

2018年5月10日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患検査に関わる問題

低リスク前立腺癌で、患者の監視療法選択および遵守に影響を及ぼす要因を47試験のシステマティックレビューで検討した。その結果、1)患者および腫瘍因子(年齢、併存症、社会経済的状態、家族歴、腫瘍グレード、...

文献:Kinsella N et al. Factors Influencing Men's Choice of and Adherence to Active Surveillance for Low-risk Prostate Cancer: A Mixed-method Systematic Review. Eur Urol. 2018 Mar 26. pii: S0302-2838(18)30176-3. doi: 10.1016/j.eururo.2018.02.026. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。