m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

AML再発予測に微小残像病変が有用か

2018年5月21日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患

急性骨髄性白血病(AML)の新規診断患者482例を対象に、診断時および完全寛解中の導入療法後に標的次世代シーケンシングを実施。分子的微小残存病変(MRD)の再発予測能を検討した。その結果、加齢によるク...

文献:Jongen-Lavrencic M et al. Molecular Minimal Residual Disease in Acute Myeloid Leukemia. N Engl J Med. 2018 Mar 29;378(13):1189-1199. doi: 10.1056/NEJMoa1716863.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。