m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

過活動膀胱のボツリヌス治療後UTI、定義がまちまち

2018年5月23日  ソース:J Urol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

特発性および神経因性の過活動膀胱(OAB)患者にA型ボツリヌス毒素を投与した後の尿路感染症(UTI)発症率を正確に把握するため、臨床試験50件のシステマティックレビューを実施した。その結果、尿路感染症...

文献:Stamm AW et al. Inconsistency in the definition of urinary tract infection after intravesical botulinum toxin A injection: a systematic review. J Urol. 2018 Apr 10. pii: S0022-5347(18)42924-2. doi: 10.1016/j.juro.2018.03.132. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。