m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

中国のCOPD有病率8.6%、危険因子も特定

2018年5月23日  ソース:Lancet  カテゴリ: 呼吸器疾患その他

中国成人代表5万991例を対象に、慢性閉塞性肺疾患(COPD)有病率と危険因子を横断研究で検討した(CPH試験)。その結果、全体のCOPD有病率は8.6%で、患者数は9990万例と推定された。20pa...

文献:Wang C et al. Prevalence and risk factors of chronic obstructive pulmonary disease in China (the China Pulmonary Health [CPH] study): a national cross-sectional study. Lancet. 2018 Apr 28;391(10131):1706-1717. doi: 10.1016/S0140-6736(18)30841-9. Epub 2018 Apr 9.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。