m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

顔面痙攣のボツリヌス、瞼板前部注射で効果高い

2018年5月28日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 神経内科疾患眼科疾患投薬に関わる問題

良性本態性眼瞼痙攣および片側顔面痙攣に対するボツリヌス毒素治療の転帰を文献13件(患者1523例)のレビューで検討した。その結果、瞼板前部に注射した場合の治療成功率は96%で、眼窩隔膜に注射した場合の...

文献:Bilyk JR et al.Chemodenervation for the Treatment of Facial Dystonia: A Report by the American Academy of Ophthalmology.Ophthalmology. 2018 Apr 10. pii: S0161-6420(18)30687-0. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.03.013. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。