m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨折リエゾンサービスで7割に骨粗しょう症治療勧告

2018年5月29日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患整形外科疾患産婦人科疾患

米国OwntheBoneプログラムの3万2671人の患者データを基に、登録時に骨折リエゾンサービス(FLS)から骨粗しょう症治療が勧告された患者の割合を調査した。その結果、72.8%が勧告を受け、12...

文献:Dirschl DR et al. Practice Patterns and Performance in U.S. Fracture Liaison Programs: An Analysis of >32,000 Patients from the Own the Bone Program. J Bone Joint Surg Am. 2018 Apr 18;100(8):680-685. doi: 10.2106/JBJS.17.00665.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。