m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アスピリン増悪呼吸器疾患、患者の血清SPD濃度低い

2018年5月30日  ソース:Allergy  カテゴリ: 呼吸器疾患アレルギー疾患投薬に関わる問題

韓国でアスピリン増悪呼吸器疾患(AERD)患者(336例)を対象に、ARED発症機序に肺サーファクタントタンパクD(SP-D)が果たす役割を検討した。その結果、AERD患者の血清SPD濃度は、アスピリ...

文献:Choi Y et al.Surfactant protein D alleviates eosinophil-mediated airway inflammation and remodeling in patients with aspirin-exacerbated respiratory disease.Allergy. 2018 Apr 16. doi: 10.1111/all.13458. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。