m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

顆粒状角膜ジストロフィ2型、病変拡大と視力低下の関連

2018年6月4日  ソース:Cornea  カテゴリ: 眼科疾患

顆粒状角膜ジストロフィ2型患者533例(1066眼)を対象に後ろ向き研究を実施し、視力と加齢に伴う病変拡大の関連を検討した。その結果、顆粒状病変の面積は10代から、びまん性混濁の面積は40歳から増加し...

文献:Kim HS et al. Association Between Visual Acuity and the Corneal Area Occupied by Granular Lesions, Linear Lesions, or Diffuse Haze in Patients With Granular Corneal Dystrophy Type 2. Cornea. 2018 May;37(5):542-547. doi: 10.1097/ICO.0000000000001540.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。