m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

血清塩化物濃度がPAH患者死亡の独立予測因子

2018年6月8日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患循環器疾患投薬に関わる問題

特発性または遺伝性の肺動脈性肺高血圧症(PAH)患者277例を対象に、血清中の塩化物濃度が長期生存に及ぼす影響を検討した。年齢、性別、肺血管抵抗(PVR)、利尿薬またはプロスタサイクリンアナログ製剤の...

文献:Naal T et al. Serum Chloride Levels Track With Survival in Patients With Pulmonary Arterial Hypertension. Chest. 2018 Apr 24. pii: S0012-3692(18)30642-1. doi: 10.1016/j.chest.2018.04.022. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。