m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胃癌の予後、MSIとPD-L1で予測

2018年6月20日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

ステージIIないしIIIの胃癌患者592例を対象としたCLASSIC試験の事後解析により、マイクロサテライト不安定性(MSI)およびプログラム細胞死リガンド1(PD-L1)の予後および補助化学療法奏効...

文献:Choi YY et al. Microsatellite Instability and Programmed Cell Death-Ligand 1 Expression in Stage II/III Gastric Cancer: Post Hoc Analysis of the CLASSIC Randomized Controlled study. Ann Surg. 2018 May 1. doi: 10.1097/SLA.0000000000002803. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。