m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OSAHS、舌ポジションが開口時の上気道形態学的変化に影響

2018年6月21日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患精神科疾患耳鼻咽喉科疾患

閉塞性睡眠時無呼吸低呼吸症候群(OSAHS)患者138例を対象に、睡眠時の開口による上気道の形態学的変化を検討した。その結果、最終開口角度または開口量と口蓋扁桃スコアは、口腔咽頭腔の最小断面積の変動範...

文献:Hu B et al. The influential factors on the morphological changes of upper airway associated with mouth opening. Laryngoscope. 2018 Apr 15. doi: 10.1002/lary.27212. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。